Haru

筆者の詳細

登録日時: 2011年8月2日

最新記事

  1. Mastodon、Macに「Naumanni」をインストールする(その2) — 2017年6月21日
  2. Mastodon、Webクライアント「Naumanni」を試す — 2017年6月17日
  3. 小説・第9話 — 2017年6月10日
  4. Mastodon、Mac用のクライアントをインストールする — 2017年6月4日
  5. Mastodon、始めました! — 2017年6月2日

最多コメントの記事

  1. 今年もよろしく! — 18 comments
  2. コメント連携テストにご協力ください — 16 comments
  3. イラクの日本人人質事件、最悪の結果に… — 12 comments
  4. ナショナリズムに傾いているのは日本の方ではないか — 11 comments
  5. mixiに参加しました — 10 comments

この筆者の投稿リスト

5月 08 2017

小説・第6話

マルーン色の電車の窓から、光る海が見える。 僕とユミがステディになってから、二人で過ごす時間が長くなった。高校からの帰りも、仲間と帰るのではなく、ユミと一緒に帰るようになった。 季節は、高校に入って3度目の春を迎えていた …

続きを読む »

5月 04 2017

小説・第5話

気がつくと、陽は西に傾き、夕暮れが迫っていた。 ユミのことを思い出していると、知らぬ間に時間が経ってしまっていた。テーブルの上には、空になったビール缶が転がっていた。 何か腹に入れないとな…… 僕は3日ぶりに、家の外に出 …

続きを読む »

5月 02 2017

暗い闇の中で明日を待ちながら僕は何かを探している

考えがまとらなくて とりとめのないことばかりが、頭をよぎる夜 こういうときに、コトバの神様が降りてくる気がして 手にするのは愛用の万年筆 ものを書くって、結構恥ずかしいこと 胸をかち割って、脈打つ心臓を見せるみたいで 他 …

続きを読む »

4月 29 2017

黄昏(たそがれ)

途切れなく 寄せる波 君の足 うちつけて 痛いほど 愛してる 肌寒い たそがれに 赤く燃えて沈む夕日に 君の頬がほてってるよ 知らず顔に風が走る 耳元をかすめながら きらめいて 崩れてく 白い波 見つめてた このままじゃ …

続きを読む »

4月 29 2017

人魚姫のテーマ

ああ、聞こえるでしょう この歌が さあ、私のそばにずっといて こんなに月が青い夜には 風の坊やがハープを奏でる 私の髪が長く揺れてる 月の光に黒く輝きながら ああ、聞こえるでしょう この歌が さあ、私のそばにずっといて …

続きを読む »

4月 29 2017

小説・第4話

僕はその頃、演劇部の仲間から「クール」だと言われていた。 「クール」って「頭がいい」とか「冴えてる」ってことじゃなく、「冷淡」だっていうこと。僕は人見知りだった。人と話すことはどちらかと言えば苦手で、一人の時間はもっぱら …

続きを読む »

4月 27 2017

小説・第3話

高校1年の冬、僕は女の子のことをちっとも分かっていなかった。今は分かっているかと言われると、心許ないが。 その頃興味があったことといえば、詩を書くことや、曲を作ること。リコは好きな彼とつきあっていた。リコにあっけなく振ら …

続きを読む »

4月 25 2017

小説・第2話

僕達の高校は、山の中腹にあった。高校までは長い坂道が続いていた。道ばたには桜が植えられていて、春には満開の花の下を歩くことができた。 高校自体は旧制の時代からあり、一応「進学校」の中に入ってはいたが、至ってのんびりした校 …

続きを読む »

4月 23 2017

小説、第1話

「タイトル・未定」 山の中腹にある公園。 遠くには、海が光って見える。 ベンチには、君が座って、僕を見つめている。 そして、ふっと微笑み、僕に話しかける。 「ヒビキ君、大丈夫?」 僕は何とも言えなくて黙っている。 すると …

続きを読む »

4月 02 2017

小説に挑戦します

この、鬱々とした気持ちを少しでもいい方向に持って行けるように、今の自分ができることをしたいと思う。 いろいろ考えたけど、このブログで小説を書いていきたいなと思う。 web小説みたいなもの? ベースは恋愛小説になるかな。 …

続きを読む »

古い記事へ «

» 新しい記事へ