シャボン玉石けんのEM石けん

うちでは、ここ数年シャボン玉石けんを愛用している。
きっかけは、長男がアトピーで主治医から薦められたから。
純石けん99%で、保存料などの添加物がいっさい入っていなく、ケン化法という作り方で手間暇かけて製造されている。
使ってみたらわかるが、いわゆる石けんにありがちな突っ張り感がない。
むしろ、しっとりするのである。
しかも香料が入ってないので、鼻につくにおいがない(僕は、どうも香水系が苦手なのでこれはうれしい)。
石けんで髪の毛を洗っても、ばさばさしない(これ、ほんと)。
愛用者には、かの坂本龍一もいるらしい。
そのシャボン玉石けんから、「EM石けん」という新製品が発売された。


要はこれは、石けんに発酵食品に使われている乳酸菌や酵母など自然界の有用な微生物を含ませたものらしい。
世界130ヶ国以上で使用され、多くの政府やNGOが、河川や湖の浄化に活用しているそうだ。
うちはシャボン玉石けんにしてから、排水溝の水垢が気になっていたので、これを使えばましになるかもしれないと思い、早速購入。
いわゆる、界面活性剤入りの洗剤であれば、排水溝もいつもきれいなのだが、それは実は怖いこと。
微生物が生きられない環境って、実は人間にとっても…。
肌からも有害な物質が吸収されて、肝臓に蓄積されるそうな。うちの子ども達は、生まれたときから安全な石けんを使っていてよかった。
これを読んでいるあなたも、見た目に惑わされず、ほんとに体にいいものを使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください