たらの芽の酢味噌和え

最近、男の手料理ブログ化したtonetalkである。
春の食材を今のうちに楽しんでおきたい。
食べ物の旬を子どもたちに伝えておきたい。
そういうことで、今回はたらの芽に挑戦。
Taranome No Sumisoae
根本の堅い部分を削り、塩をひとつまみ入れたお湯で湯がく。
柔らかくなったら水にとり、軽く絞って、酢を入れた水に入れて下味を付ける。
軽く絞って、すり胡麻・味噌・酢・三温糖で作った酢味噌と和えていただく。
もう春の味もこれくらいまでか。
そろそろ夏の野菜が、並び始めている。


実は今日は、12年間勤めた職場の離任式だったのだが、元同僚に「最近、毎日のように料理をアップしているね」と指摘された。
確かに言われれば、その通り。
こんなに精力的に、更新したのは久しぶりだ。
今年は担任から外れて、ちょっと心にゆとりがあるのが理由かもしれない。
でも、逆に言えば、何となく心に穴が開いたような感じがするのも確か。
教師になって20年。担任を外れたのは1年しかないから、よけいにそう思うのかもしれない。
そんな心の隙間を埋めるために、料理に精を出しているのかもしれない…
もちろん小規模校なので、仕事は山ほどあるし、こういう時期もきっと自分の力を伸ばすためには必要なことだと頭ではわかっているつもりだが。
2年生に途中から配属され、周りの教師と違って、子どもたちとの関係もまだ無いから、そのあたりの物足りなさもある。
これが担任なら、最初から子どもたちの中に飛び込んでいけるが、副担だとちょっとひくところもあるし…
という感じで、ちょっと心にすきま風を感じながら、ひたすら仕事をはいています(^^ゞ
まあ、こんな気持ちも授業が始まって、子どもたちと出会えば、また変わることを期待しながら…

3 個のコメント

  1. Haruさん、こんばんわ。
    僕のブログにコメントありがとうございました。
    >最近、男の手料理ブログ化したtonetalkである。
    ほんとですね。^^;
    うちのはじゃあ家庭菜園ブログ化させましょうかねえ。
    Haruさんもお仕事の環境変わったんですよね。
    ずいぶんと前にそのエントリーを読んだような気になっていたんですが、
    まだ半月も経ってないのか。
    3月まではあっという間ですけど、
    春はいろいろとやることがあって長い気がします。
    新しい職場でもがんばってください。

  2. 春の香・・とてもおいしそう。
    木の芽の香り。山菜が際だつ季節ですね。
    我が家も天ぷらにしましょうか・・。
    そう,土筆,芹,・・ずっと故郷の味であってほしいです。

  3. >コイッチさん
    わざわざお越しくださり、ありがとうございます。
    家庭菜園は、その後はいかがですか?
    自分で育てた野菜を食べることは、僕にとって理想ですね。
    近くにたくさん貸し農園があるのでやってみたいのですが、今は自分の子どもを育てることで精一杯です(^^)
    新しい職場も1ヶ月たち、ようやく慣れてきました。
    仕事柄、人間関係が中心なので最初はぐったりと疲れますね。
    まあ、その分、また出会いが楽しいのですが…
    >としさん
    返事が遅くなり、申し訳ありません。
    もう春もすっかり去ってしまいましたね。
    今年は例年より、春の味覚を楽しみました。
    来年も土筆は顔を出してくれるでしょうか…
    今日は出来合いのものでしたが、春の山菜を炊き込みご飯にしていただきました。
    今度は、夏野菜を楽しんでいきたいです。
    ではでは。

とし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください