7月 01 2014

つれづれ…

今日は何かやる気が出なくて、ぼんやりとしています(まあ、ホントは理由はあるのですが…)。
暑いし、気分で何となく開けて、飲んでます。ノンアルコールってところが…ですが^^;
いつも同じ調子でいくのは難しいもの。まあ、こんな日があってもいいでしょう。

20140701-151036-54636838.jpg



5月 08 2014

自然に任せて

一つ一つの水滴が、それぞれ流れに任せて落ちていき、そして同じ落ち方をするものは、一つもない。
当たり前だけど、これが自然の真理。

20140508-154515.jpg



5月 04 2014

鯉のぼり

神戸ポートタワーのてっぺんに、鯉のぼりが!
そうか、明日はこどもの日、端午の節句なんだ。
粋な計らいに、ちょっと感心。

20140504-201529.jpg



5月 03 2014

青い心のままで

あまりTVは見ない人間だが、これは見なくちゃと思って、ドキュメンタリーの「ラストデイズ×忌野清志郎」を見た。

RCサクセションの頃はそんなに好きではなかったが、発売禁止になった「Covers」あたりから「このおっさん、なかなか根性あるな」と思い始め、亡くなった後に公表された手紙を見て、そのまっすぐな心に惚れ込んでしまった。

清志郎、彼は本当にロックだった。

音楽業界では、政治的なことを歌うとTVの出演依頼も来なくなり、場合によってはミュージシャン生命も絶たれてしまう。
一見自由で、実は心の中まで管理されているこの国、それに挑んでいった清志郎は、強い人間というより、自然とそうなっていたんだと思う。

彼は幼い頃に母を亡くし、実母の記憶がない。それを知ったのは、中学生の頃。
「やっぱりな」という一見冷めたようでもありながら、自分のルーツを知るということは、中学生には結構ヘビーだ。

清志郎は実母が夫を戦争で亡くしたことを知ったことが、彼の「戦争はいやだ」という思いの原点になっていったと思う。
化粧をして派手なパフォーマンスをする清志郎も、高校時代は目立たない、でも学校になじめない、まあどこにでもいる生徒。

何か、すごくよくわかる。そんなもんなんだよな。ステージの上のテンションも、そでに下がった時のテンションも、両極端でも同じ人間のパーソナリティ。人って、そんなもんだよ。
僕も仕事の時とそれ以外とは、まったく別人みたいにテンション違うし。でも、両方とも自分なんだよね。

ドキュメンタリーとしては食い込みが足りないと思ったけど、僕は共感しながら番組を見ていた。
特に心に残ったことばは、清志郎の「大きな矛盾を抱えながら、自分だけの道を探せ」。
僕のこれからも、そういう生き方を探っていくことになるんだろうなと感じた。

最後に、爆笑問題の太田光が言ってたけど、「子どもの心」を持ち続けないと、何かを表現するする仕事って続かないんだよね。でも、それってものすごくリスキーで、一歩間違うと心ない他人に、無防備な心をずたずたにされてしまう。
世の中、いい人ばかりじゃないからね。

人にはそれぞれ原点、分岐点、決断の時があると思う。
今夜は清志郎に勇気をもらったな。

早速のItune Storeで「Covers」を買おうと思ったけど、扱ってなかった。この連休中にレンタル屋に行こう。
何とか、RCサクセションの「風に吹かれて」をYouTubeで見つけたので、そのリンクを張っておく。

ほんと、答は風に吹かれているね。



5月 01 2014

風に吹かれながら

大きな風景の中にいると、ますます自分が小さく思えてしまう。

いかん、いかん。
感情に流されては。

20140501-162705.jpg



5月 01 2014

木蔭にて

大阪平野を見渡しながら。
風が心地よい。

20140501-142437.jpg



4月 29 2014

被れるハットを発見!

実は、僕は帽子が似合わない。
なぜかというと、頭が大きくて、サイズが合うものがなかなかないのだ。
フリーサイズを選んでも、頭の上にちょこんと乗った感じになって、浮いて見えてしまう。
何とか被れるのは、ベースボールキャップぐらい。もう諦めていた…

それが今日たまたま行った店で被ったストローハットが、悠々のサイズ。しかも、似合う。
自分で言うのも何だか、やっとストローハットの似合う歳になったのか…

いろいろ試してみて、黒のシンプルなものにした。
安物だか、気に入っている。

今年の夏は、帽子のおしゃれも楽しめそうだ。

20140429-191428.jpg



4月 28 2014

初夏の匂い

ウォーキングしていると、名はわからないけど、強い花の香りを感じたり。
こういう感覚が久しぶり。それくらい、自分に鎧を着て、生きていたんだ。
木々の匂いが、とても心地よい。
もう、初夏なんだな。
季節の動きを実感した日だった。

20140428-002547.jpg



4月 27 2014

ひっそりと再開します

気がつけば、2年もブログを放ったらかしにしていました。

その間に、Posterousはサービスを停止してしまい、写真が表示されないページもあります。
当時は、一つに投稿すると、リンクされてブログにも反映されて、正直便利だなあと思いましたが、そのサービスが終わったら、この有様です。

共有の危うさと、やはり自分のログは、ちゃんとそれぞれのサーバーに投稿することの大切さを実感しました。

というわけで、さりげなくtonetalkを再開します。
データは、しっかりとこのサーバーにアップします。

まあ、今はシェアしても、基本的にそれぞれのサービスのサーバーにデータが送られて、そこに保存される形になっていますから、あまり問題はないのですが。

何をアップするのか、それは僕もわかりません。
でも、僕にとってブログという表現形式が一番しっくりくる気がします。
僕がネットを始めた16年前は、タグで編集してホームページで発信していました。ブログを始めた12年前はネットという海に向かって、手紙をいれた小瓶を投げている感じでした。
でも、その時に出会った人たちとは、会ったことはなくても、今でも交流は続いています。

実はいろいろなことを抱えていて、ちょっとfacebookに疲れてしまいました…
必ず読み手がいたり、どんどん連絡が入ってくる状況は、今の僕にはしんどいです。
もちろん、いろんな人との出会いが広がり、それは確かに意味のあることなのですが…

今は、いろんな意味で自分の原点に戻りたいと感じています。
そう、感じています。

こういう、身体の奥から来る感覚って、結構大切だと思うのです。

というわけで、しれっと、tonetalkの再開です。
リンク切れをどうするかも未定です。

というわけで、のんびり、いい加減にやっていきます。
よろしければ、たまに覗いてください。



8月 14 2012

天候と都合が合わず、半月遅れの土用干しの用意。え? 今夜からまた雨なの(~_~;)


Taken at LA VITA E BELLA



古い記事へ «